助産院マップ | 助産院でのお産や自宅出産 おっぱいケア・育児相談などをご希望の皆様へ

スタッフBlog

  • 最近、子育てが一段落した方との関わりが多いんですが、どの方も口を揃えていう言葉は・・・


    「子育てはあっというまだった。でも、子供が小さい時はとにかく何もかもに必死だからあっという間だなんておもえなかった。」


    「もう一度、ママ~♡って手を握ってほしいな~・・・今じゃ~手をさし出して来るときはお金かご飯の催促しかないわ・・・」


    「今ならどんなに泣いてても、どんなに抱っこしてと言われても笑顔で対応できるな~」


    「今思えば、1歳とか2歳のときが本当にかわいかったな~」


    そんな言葉は・・・私を含め育児真っ最中のママ達には理解しがたい言葉だと思うんですよね~。


    気持ちにゆとりができるのは、子供の寝顔を見る時。


    少なくとも今の私はそうなんですよ・・・


    仕事がバタバタで子供のやる行動にイライラする事も多々あります。


    でも・・・子供も毎日毎日必死に生きているですよね~。


    小さいカラダなのに泣くと鼓膜が破れるんじゃないかってほどに全身全霊で泣くことで何かを伝えようとするし・・・

    なんとなく言われている事はわかるけど、上手く伝わらない、理解できないからなんらかの方法で親にサインを送ってきたり・・・

    例えば、物を投げたり、おねしょをし始めたり、夜泣きが酷くなったり。。。

    心にあらわれる事や、身体に変化が起きたり・・・


    そんな事があると、親ってやっぱり反省したり、落ち込んだりしますよね・・・

    私の何がいけなかったんだろうって、もっと早く気づいてあげれなかったのかなって。


    でも、それは当たり前!

    だって親も人間ですから!

    完璧な人間はいないんです!

    子供の心が簡単に読めたらそんなのは育児ではないと思うです!

    確かにそうだったらいいな~と思う事もあるけど、きっと本当にそうだったらロボットと生活しているようなもんですから!


    後悔しない育児なんて絶対ありえない!

    みんなどんなに頑張って育てても、やっぱり後悔はすると思うんです。


    何がその子にとってベストなのかなんて所詮結果論だと私は思います。


    ママも子供も必死に生きて必死に何かと戦っているんですよ!

    必死過ぎて前が見えなくなる前にまずは深呼吸が大事だと思います。

    とにかく深呼吸です!

    そして一人で抱え込まないこと!


    一人で悩んでいても所詮答えは一つ、でに10人いたら答えは10通り!


    答えが多すぎても混乱することもあるとは思いますがまずは、自分にとっての育児という引出しを一緒に整理できるような仲間をそして助産師を見つけてほしいと思います。


    後悔しない育児を目指すより、今という時間をとにかくとにかく子供と触れ合う事・・・それが結果的には自分のなっといく育児を生み出すのだとおもいます(^^)


    そんな私も今子供を2人抱っこしながら、このブログを書いています(笑)

    重いし、なかなか書けないし・・イラッ・・あっ!!!

    深呼吸!深呼吸!

    なんて幸せ~(笑)