助産院マップ | 助産院でのお産や自宅出産 おっぱいケア・育児相談などをご希望の皆様へ

スタッフBlog

  • 昨日は研修三昧の一日でした。午前は、北区の京都ヨゼフ医療福祉センターの診療部長、小児科医の吉田菜緒子先生。

    長年、子供さんの発達支援屋療育にかかわってこられている、気持ちの温かいベテランの先生です。

    日ごろたくさんのお母さま方とかかわる私たちにとって、大変、学びの多い研修になりました。

    子供さんの発達の進み方は一人一人違うけれど、よりいい形で伸ばしてあげたり、子供さんの意欲を伸ばしてあげること

    お母さんが気になるなあ、と思っておられることが、早めに診断につなげたほうがいい場合も多いことなど、うなずけることが

    かったです。私はこの研修の担当者だったので、先生へのお願い、打ち合わせから、司会進行までやらせて頂、とても緊張しましたが、大人気のこの講座は、早くから受講希望者が殺到して、3週間前には定員いっぱいとなりました。保健師さんや保育士さんも多数ご参加くださいました。

    参加者の皆さまからは、明日からの業務に生かせますと喜んでいただき、うれしかったです。これから、アンケートをまとめて、助産師会ブログにもアップしていきます。

     午後は、泌尿器科医岩室紳也先生による「おちんちんのおはなし」全国的に活動されているカリスマ的な先生です

    3日前にもNHKの番組に出られてました。赤ちゃんのおちんちんのケアをどうするか?いろいろな考え方はありますが、やはり、少し皮を下げて、きれいに洗って、戻す、というのは大切ですね、と。習ったこと、ご相談できますので、またお声かけくださいね。

    そのほかにも、人と人とのつながり、自分の存在場所があることの大切さ。

    人間は、たくさんの人の中で生きている。周りの人がみんな自分より偉く見えたりするけれど、実はみんなそれぞれ、悩みや弱みを抱えている。笑ったり、ほろりとしたり、本当に素敵な講義でした。

     すごい!と思っても、物忘れも多くなったこのごろ。忘れないうちに実践に生かしていきたいな。まあ、すごい、よかった!と思えるだけでも、よい刺激になったなあと思います