助産院マップ | 助産院でのお産や自宅出産 おっぱいケア・育児相談などをご希望の皆様へ

スタッフBlog

  • 妊娠中はどうしてもお腹の赤ちゃんのことが心配になると思いますがいかがですか?

    赤ちゃんはお母さんの子宮の中で育っていきます。まず母体が心身ともに健康でないと赤ちゃんも元気に育ちません。ちょっとくらいしんどくても「妊娠してるから仕方ない」と思っていませんか?つわり、頭痛、腰痛、肩こり、股関節の痛み、便秘など妊娠中に起こる不快な症状を放置していると、妊娠生活が「しんどい」「楽しくない」「つらい」ものになってしまいます。もし骨盤の歪みからきている症状であれば、その歪みを治しておかないと、出産がスムーズにできないことにもつながります。妊娠中から(本当は妊娠前からが理想です)母体の心身ケアをしっかりすることで、妊娠生活を楽しく健康に過ごすことができ、出産もスムーズになる可能性が高くなります。出産がスムーズなら、その後の育児も楽しくできます。育児が楽しくラクならば、家族に笑顔が生まれ幸せにな気持ちで過ごすことができます。そして家族の幸せは最終的に社会の幸せにも繋がると私は思っています。お母さんが元気であることが社会の幸せに繋がるんです。「ちょっと我慢すればいいこと」なんて思わないでくださいね。



    では、産後に一番大切に考えないといけないのは誰のことですか?



    もうお分かりですね(笑) 産後は頻回な授乳による睡眠不足や出産時の出血による貧血症状、会陰(えいん)の傷の痛みやひきつれ、おっぱいの強い張りや乳腺炎、育児不安などが起こることがあります。考えただけでもつらいですね。そんなつらい状態で育児や家事ができるでしょうか?産後もやはりお母さんが心身ともに元気で居なくてはいけないんです。