助産院マップ | 助産院でのお産や自宅出産 おっぱいケア・育児相談などをご希望の皆様へ

スタッフ紹介

 

  • 院長

    前田陽子

    看護師・アドバンス助産師・日本助産師会会員・

    大阪府助産師会会員・日本妊産婦整体協会会員

    (認定講師)


    平成 4年 看護師免許取得。大阪鉄道病院で看護師として勤務し始める。


    平成 5年 総合病院在籍のまま大阪赤十字助産師学校入学。


    平成 6年 助産師免許取得し助産師として大阪鉄道病院に職場復帰。 


    平成19年 河内総合病院(東大阪市)で勤務し始める。


    平成24年 長女が中学1年生の時にPTAの人権教育委員の委員長となったのをきっかけに、「人権を守ることは自分を大切にすることから」という題で、中学校全校生対象に命の教育講演を行う。


    平成25年 岡山大学大学院保健学研究科『「妊娠中からの母子支援」即戦力育成プログラム』を1年間受講し「産科の最新知識」「不妊症や流・死産女性への支援」「新生児・子育て家族への支援」について学ぶ。プログラム終了論文では、中学生の生活環境と喫煙の関係性についての調査研究をし「中学生の喫煙防止の一考察」と題し論文作成する。


    平成26年 「性暴力被害者支援のためのボランテイア育成講座」を半年受講し、性暴力被害の現状や被害者の心理、支援について学ぶ。


    平成27年 助産師実践能力習熟段階(クリニカルラダー)

    レベルⅢに認定され、アドバンス助産師となる。


    平成28年 NPO法人 日本妊産婦整体協会と出会う。


    平成29年6月 総合病院退職。 


    平成30年4月 日本妊産婦整体協会会員限定本部セミナー講師を務める。

    協会会員となり、認定講師として大阪セミナーのサポートメンバーとなる。


    近畿大学附属病院看護専門学校助産学科の非常勤講師となる。

     

    平成30年6月 彩り助産院 開業    

     

    総合病院に勤務しているときは、普段の業務の他に新人看護師や助産師の教育、看護学校での講師(新生児看護)、看護協会の委員、看護学生や助産師学生の指導もしてきました。今までの分娩介助経験数は約200例です。助産師経験年数からすると介助数は少ないですが、1例1例を大切にして妊娠中~出産後までのトータルケアを数多く経験してきました。


     


    妊産婦整体セミナー:左から大阪の理事、理事長、私です!

    真面目に一生懸命、でも楽しくサポートしています!

    後ろから見ると私も男性に見えますね( ̄▽ ̄;)

  • 特技・資格・好きなものなど

    書道 師範(いつも筆ペン持ってます!)


    柔道 初段(気は優しくて力持ち!腕の筋肉スゴいです)


    好きなアーティスト EXILE (ダンスは得意ではありませんが、EXILEのダンスジム(EXPG)に通っていました(^◇^))


    好きな色 青系統 緑(緑色のお湯飲みで熱い緑茶を飲んでいると落ち着きますね)


    血液型  B型(変わった人 というイメージですか?いえいえ、自分のしたいことを追究する気持ちがちょこっと強いだけです)


    星座  乙女座(こう見えて結構乙女です)

  • 助産師ってどんな仕事?

    助産師は必ず看護師免許を持っていますので看護全般できますが、特に母子の看護を中心としています。助産師は英語ではmidwifeと言い「女性の傍らにいる人」という意味があります。母子の看護を中心としながらも、思春期教育を行ったり更年期女性の悩み相談なども受けます。出産の介助だけでなく、赤ちゃんからお年寄りまで、女性の性の一生に寄り添う看護をする仕事です。

  • アドバンス助産師って?

    分娩介助100例以上、新生児の健康診査100例以上、妊婦健診200例以上、産褥期(さんじょく期:出産後)の健康診査200例以上、プライマリーケース(個別の受け持ち看護)20例以上を経験し、集団指導や両親学級の実践や指導ができ、新生児蘇生法を習得しており、11項目の必須研修とその他のステップアップ研修を受講した上に、テストで合格した助産師に与えられる称号です。5年ごとの更新が必要ですので、常に最新知識を持っている助産師ということになります。

  • ベテラン助産師が解決のお手伝いをします!

    自分で「ベテラン」と言ってしまいましたが、私は平成6年に助産師になりましたのでかなりのベテランです(^▽^) 

    私は25年間総合病院の産婦人科病棟で勤務してきました。その長い経験から、妊娠中や出産後に感じておられる自覚症状の裏の問題も見つけ出し、必要なケアを提案し心身のトータルケアをさせていただくことができます。そして自らも大変な出産経験をしている助産師だからこそ(トップメニューのブロクをご覧下さい)自信を持ってアドバイスできることはたくさんあります。妊活中~産後までの様々な症状に対応している妊産婦整体もさせていただきます。後悔しない出産、満足できる出産、楽しくてラクな育児しませんか? 是非お手伝いさせてください。