助産院マップ | 助産院でのお産や自宅出産 おっぱいケア・育児相談などをご希望の皆様へ

スタッフBlog

  • 2015年11月15

    完母ってなあに?

    完母(完全母乳)っていう言葉をご存知でしょうか?おかかりのクリニックや病院で聞いたことはあるけれど、意味が分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか?私たちのように母乳育児支援を行っている医療従事者には常識のような言葉なので、安易に使ってしまいますが、先日反省させられることがありました。バイト先のクリニックで「この方は完母希望です」と申し送りがあったお産後の方がいました。病室の巡回をしているとその方から「あの~、おっぱいが出ていなくて夜赤ちゃんが泣いてしまいます。ミルクを足してはいけませんか?ミルクを足してもいずれ母乳だけにできますよね?」といわれたので、水分補給の指導などをして夜にミルクを足してゆっくり睡眠をとってみてはどうかと提案しました。ナースコールがなり「ミルクください」とのこと。「就寝時間にはまだ随分早いけど…」と思いながらミルクをつくってお部屋に伺いました。お母様が、赤ちゃんを抱いており「この子(入院中の褥婦さん)は完全母乳がどういうことか知らずに希望したんです。孫が泣いていて可哀想だからミルクを足します」とのこと。ご本人は「おっぱいが出れば母乳で育てたいと思っていた」と。

    完母とは薬以外は母乳しか赤ちゃんに飲ませないことを言います。そこをしっかりと産科のスタッフは妊婦さんに理解をしてもらように努力しなくてはいけません。また母乳はお産後すぐにあふれるように出ると思っている方もいますが、そういう方は稀です。むしろ内分泌異常があるのではないでしょうか。初めの2~3日は初乳の分泌があるだけです。赤ちゃんは生後2~3日間は喉を潤す程度の水分補給で良いというのが母乳推進派の考え方です。しかし、母乳育児にあまり賛同していない産科医や小児科医は新生児の脱水につながると、早期にミルクや糖水を飲ませることを勧めています。

    この褥婦さんが完母の意味を理解していらっしゃったどうかはわかりませんでした(最初のお部屋訪問の時には完母希望なのかなと思う発言がありました)。でも本当に軽い気持ちで完母希望をなさっている方もいらっしゃるかと思います。完全母乳ということをしっかりと妊婦さんに理解していただき、赤ちゃんの栄養方法をセレクトできるような援助が必要だと思います。