助産院マップ | 助産院でのお産や自宅出産 おっぱいケア・育児相談などをご希望の皆様へ

スタッフBlog

  • 育児の真っ最中っていろいろ悩みますよね~((+_+))

    私も「これでいいのかな~?」「可哀想なことしちゃったなあ」「今日は怒りすぎちゃった」等々毎日反省と戸惑いの日々だったような気がします。でも、子供が大きくなって思うことは、親の私が、子供に育てられ親にしてもらったのです。

    私は結構子供には「かわいいねえ」「いい子だねえ」「大好きだよ」「お母さんの宝物」と言ってきました。私と育児方針が合わない人は「そんなこと言っていたら子供が調子に乗ってしまう」と言いましたが、そんなことはありません。しっかりと子供は子供で自己分析ができています。第一、いつまでも「かわいい」とか「宝物」などとは言わせてもらえません。時期が来たら子供から「いつまでもそんなことは言わないで!」とお叱りを受けてしまいます。抱っこだって、チュ~!だって、いつまでもさせてはもらえません。

    ただ、「上の子には可愛そうなことしたなあ」と思います。2歳になる3日前に下の子が生まれたのです。私達夫婦は特に上の子を大人扱いするつもりはなく、ましてお兄ちゃんとしてふるまうことを期待してはいなかったのですが、いつも我慢をして親に甘えることは少なくなりました。次第にその状況に私も慣れていきました。時々、ちょっとしたことで反省させられることがありました。

    子供がいないと、親にはなれません。そうそう 血が繋がっていようといまいと関係ないのです。子供ができて初めて親になれるのです。そして子供は親の世界をいっぱい広げてくれます。

    いっぱい悩んでください。そして育児を楽しんでください。完璧な親は目指さなくて良いんです。不完璧な親で良いんです。

    あなたの子供が、全身全霊であなたを愛してくれていますよ♡