助産院マップ | 助産院でのお産や自宅出産 おっぱいケア・育児相談などをご希望の皆様へ

スタッフBlog

  • こんいちは,福山市南本庄の産後ケアを中心に行う「ゆりかご助産院」の西田三佳子です。


    久しぶりのブログです。

         産後ケアをご利用いただいた小さなお客様です。

    産後4日目からのご利用でした。ママにお風呂に入れてもらって気持ちよさそうです。なんだか本当にかわいい(笑)


    今回は産後の食事についてです。


    産後のママには,高たんぱく・低脂肪の食事がお勧めです。

    鉄分・カルシウム・タンパク質・葉酸・亜鉛が多く含まれる食事をするように心がけましょう。

    また,授乳中のママは普段より350カロリー分多く取る必要もあります。


    ゆりかご助産院での食事の例です。

        


    栄養士と調理師の協力をいただきながらママの”おいしい”を目指してご飯作ってます(笑)


    ①鉄分

     分娩での出血や悪露で貧血傾向になりがちです。また,母乳は血液から作られます。しっかり鉄分をとりましょう。

     鉄分を多く含むもの 小松菜・ホウレンソウ・レバー・牛肉・いわし・ハマグリ・あさり・大豆など

     鉄分の吸収を助けるもの ビタミンCやたんぱく質


    ②カルシウム

     歯や骨のもとです。妊娠中はカルシウムは赤ちゃんに優先的に運ばれます。不足するとママの骨密度が低下します。

     カルシウムを多く含むもの 牛乳・ヨーグルト・チーズ・あゆ・しらす・小魚・サクラエビ

                  モロヘイヤ・豆製品・昆布・わかめ


    ③タンパク質

     産後の傷や体力を回復させてくれます。赤ちゃんの骨や筋肉を作ります。

     たんぱく質を多く含むもの 肉・魚・卵・豆腐・

                  白身魚や鶏むね肉


    ④葉酸・亜鉛

     葉酸は,子宮の回復を促進します。また,貧血や産後うつ・抜け毛の予防やむくみを軽減します。

     葉酸を多く含むもの ホウレンソウ・ブロッコリー・枝豆・抹茶・わかめ・ウナギ・イワシ

     

     亜鉛は,タンパク質の代謝や細胞分裂に必要です。

     亜鉛を多く含むもの 豚レバー・牛ひき肉・牛ひれ肉・納豆・煮干し・イワシ・ゴマ・卵黄


    色々と考えすぎるとしんどいですが,バランスの取れた食事を3食は取るようにすることが大切だと思います。私も一人だと食事を抜いてしまうこともあります。自分の体のために気を付けていきたいと思っています。